タイトルに惹かれて手に取りました。
なぜ僕らは、こんな働き方を止められないのか
(松井博さん)


著者の松井さんはアップル本社でiPodやマッキントッシュなどの品質保証部のシニアマネージャーとして7年間勤務した後に独立。
現在は、カリフォルニア、フィリピン、日本の3か所で会社を経営しながら執筆をなさっている方です。

 
最も共感した箇所は↓でした。

140ページ
僕らがコントロールできるのは、サイコロ振る回数だけです。
サイコロを全く降らなければそれなりに安定した一生を過ごせるのかもしれませんが、そうすると都合のいい偶然が起きてくれる可能性は基本的にありません。
凶が出る偶然に怯えつつ、サイコロを振り続けるしかないのです。
そしていい目が出たらそれに飛び乗っていく勇気が必要です。

 

目次

Chapter1
なぜ日本企業は、人の時間を大切にしないのか?
Chapter2
転職をマジで検討しているあなたへ
Chapter3
人生ハードモードの方が、むしろ生きてる証
Chapter4
「おっさん化」を遅らせる方法
Chapter5
生きにくさを軽くするライフハック

 

共感した箇所

25ページ
集団による意思決定の3つの問題
①アイデアが出にくい
②危険な方向にシフトしやすい
リスキーシフト
③慎重な方向にシフトしやすい
コーシャスシフト

35ページ
午前中の生産性を保つコツ
①まずはよく寝る!
②スマホを遠ざけておく
③メールを見ない、開かない
④ソーシャルメディアを立ち上げない
⑤パソコンの通知機能をオフにしておく
⇒とくに①、②、⑤は大事ですね

58ページ
幸せの価値観3つのタイプ
①権力動機タイプ
競争に勝つことに大きな喜びを見いだします。
②達成動機タイプ
何かを達成することに強い喜びを感じる人もいます。
③親和動機タイプ
円満な人間関係を築くことに幸せを感じる人々です。

95ページ
フリーランス5つのハードル
①「不安定」に耐えられる
②孤独に耐えられる
③安い住居・職場を確保する
④マーケット感覚を養おう!
⑤金銭感覚を切り替えよう
⇒生活レベルを下げることに抵抗がなければ生き残れます

168ページ
おっさん化を遅らせる方法
①定期的に運動する
②食生活に気を配る
③清潔な服装を心がける
④好奇心を刺激する
⑤「今」を生きよう!

207ページ
習慣化のコツ
①何も考えずにやる
②スケジュールに組み込む
③同じ時間にやる
④1日の最初にやる
⑤障害を取り除いておく
⑥出張中も環境を用意する
⑦やめにくい環境を作る
⑧無理はしない

 

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録