研修やセミナー、書籍やコラム、イベントなど、与えられたテーマの企画を期限までに仕上げなければならないとき、私は3ステップで進めています。

1)思いついた言葉を書き出す
本を読んだり、ネットで検索したりして、ピンときた言葉を全て書き出します。
いきなりパソコンに打ち込むのではなく、まずはA4の紙に手書きで書き出します。
このときに言葉の選別や優先順位付けは行いません。
まず全て書き出す、ここに注力します。
ふせんを使ってもいいですね。


2)書き出した言葉を分類する
私はマインドマップでまとめています。
先日提案した『専門用語を使わないロジカルシンキング研修』の途中経過は↓な感じ。


このようにまとめることで、本研修企画の肝「ロジカルシンキングに必要な3つの力」が定まりました。

3つの力とは
◆考える力
◆決める力
◆伝える力

ある程度キーワードが絞れてきたら、無印良品の4コマノート(88枚、税込100円)で整理することもあります。


1ページに4コマ×2、見開き2ページだと4コマ×4で16コマ。
パワポのスライド構成を考えるときに、おススメです。

3)歩く
どうにも企画がまとまらないとき、私はICレコーダーを手に、お気に入りのカフェを目指します。
よく出没するのは自宅から徒歩20分のドトール。

スマホのボイスメモではなくICレコーダーを使うのは、思いついたときにワンタッチで吹き込めるからです。
スマホだとボイスメモを使うために3つの手順を経る必要があります。
①ロック解除する
②アプリを立ち上げる
③録音ボタンを押す
降りてきたアイデアが操作途中で忘れないように、ICレコーダーをポケットに忍ばせています。

【参考】専門用語を使わないロジカルシンキング研修カリキュラム案
Ⅰ.ロジカルシンキングとは
ロジカルシンキングに必要な3つの力
考える力、決める力、伝える力

Ⅱ.考える力を身につけるコツ
1)考えるとは?
2)問題の本質を押さえる
3)正しく考えるために
4)モレなくダブりなく

Ⅲ.決める力を身につけるコツ
1)自社の長所と短所を知る
2)視点を上げる
3)逆トーナメントで考える
4)優先順位をつけるコツ
5)先に答えを決める

Ⅳ.伝える力を身につけるコツ
1)相手が納得する伝え方とは
2)よき部下であるために

はじめてのロジカルシンキングはこちらをクリック

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録