11/21(水)~11/23(金祝)の熊本・博多遠征では、4名の方とお会いしました。
◆以前サポートしていた整体師さん(熊本市在住:女性)
◆独立一年目の2010年に3ヶ月の講座で一緒に学んだ経営コンサルタント(熊本市在住:男性)
◆2013年に東京の仕事でご一緒したことがある会社経営者(東京→福岡へ拠点を移した男性)
◆大学の同級生(福岡市在住:男性)

数ヶ月ぶりから5年ぶりまで、再会までの間隔はそれぞれ違いますが、しばらく話しているうちに以前の感覚が戻り、本音を交し合う有意義な時間を過ごせました。

大谷更生が相手の話を聴いているときに何を考えているか。
大きく分けると2つです。
ひとつは、相手のために自分に何ができるか。


もうひとつは、相手のために自分以外でどんな価値を提供できるか。


自分以外での価値提供とは、具体的には紹介のこと。
ただ、紹介ほど難度が高いことはありません。
紹介に必要不可欠なのは両者のメリット。
片方しかメリットがなければ、良好な関係を長く続けることはできません。

では長く良好な関係が続くきっかけとなる紹介のために、何を心がけたらよいか。
私が心がけているのは、両者のことを知るための手間を惜しまないということ。
具体的には、SNSやブログ、メールマガジンをチェックして相手の動向を確認したり、出版記念パーティーや専門家交流会に参加して情報収集したり、気になる方には直接メッセージして確認することもあります。
そんな感じで大谷更生が動向を追っている方は、少なく見積もっても200人はいると思います。

相手を知ることで、相手が求めている価値を知ることができる。
相手が求めている価値を知ることができれば、相手が喜ぶ価値を提供できる確率を上げることができる。
相手が喜ぶ価値が、巡りめぐって自分に返ってくる。

私にとって相手を知る手間は投資です。
そんなに余裕があるわけではありませんが、将来の大きなリターンを期待して、今後も自分が気にかけている方への投資を続けていこうと思っています。