12/7(金)は研修講師の大先輩 篭池哲哉さんが講師を務める「環境変化に適応する組織力強化」セミナーを受講してきました。
篭池さんは人と組織を育てる専門家、当たり前のことを最高レベルでやり続ける組織作りにおける日本の第一人者です。

※写真は本セミナーをコーディネートしてくださった鈴木佳文さんのフェイスブックよりお借りしました。

篭池さんの組織作りの特徴は行動に焦点を当てること。
研修では「高いレベルの行動基準を共有することで行動の質を高める」ことに注力なさっています。
時間の関係でセミナー中にできなかった行動特性診断をやってみました。

①8群75項目から重点行動を5つ選ぶ
大谷更生は↓を選びました。
1)几帳面さ
物事をすみずみまで気をつけ、きちんとしている
2)柔軟思考
状況の変化に臨機応変に対処している
3)業務企画力
業務の流れや段取り、ツール等を独力で作れる力がある
4)論理思考
物事を客観的にとらえ、筋道を立てて自分の考えを展開する
5)アイデアを活かす力
他人のアイデアを加工し活用する

これをもとに、大谷更生の理念を考えてみました。
大谷更生が最大限の価値を提供できる分野で相手の期待を超え続ける
最大限の価値を提供できる分野とは?
⇒仕組み化、体系化

大谷更生自身の価値最大化のために、今後は行動の質を高めることに注力します。