仕事の報酬は仕事。
相手の期待を超えることで新たな依頼をいただくことができ、結果的に予想をはるかに超える実績を積み重ねることができる。
それを励みに、目の前の案件に全力で取り組みます。


大谷更生が仕事に取り組む姿勢を言葉にしました。

相手の期待を超えるためには3つの段階を踏む必要があります。

①相手の期待を引き出す
相手が本当に期待していることが出てくるまで、何時間でも聴き続けます。
1時間2時間は当たり前、最長で5時間聴き続けたこともあります。

②相手の期待を見える化する
見える化とは言語化のこと。
相手の期待を言葉で具体的に表現します。
例)2012年の大谷更生


③相手の期待を超える
あとは与えられた時間や条件に沿って全力で取り組むだけです。

★自分が作りたいものではなく、相手がほしいものを作る
★目先の損得よりも未来の損得
大谷更生がこの世を去るときに、どんな大きさの雪だるまができているか、とっても楽しみです。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録