開始当初、妻が録画したのを何回か見て「いいや」と思って、しばらく見なかった大河ドラマ「いだてん」。
第2部がスタートして再び見始めたところ、ストーリーが面白くて毎週欠かさず見るようになりました。

第2部の主人公は田畑政治(たばた まさじ)。
朝日新聞の常務を務める傍らで、日本水泳連盟会長に就任。
東京オリンピック組織委員会では事務総長として1964年の東京オリンピック招致に活躍した方です。

そんなタイミングに、友人で広報PRの専門家 黒木勝巳さんが執筆した冊子
「金栗四三と田畑政治 日本近代スポーツのリーダーに学ぶ」
を入手しました。


本冊子によると、田畑のリーダーシップには3つの特徴があるそうです。
①ビジョン
日本一、世界一、オリンピック第一主義。
「日本一」を掲げた際に弁天島に作った100mの塩水プールや、ロサンゼルスオリンピックに備えて建設した神宮プールやオリンピック渡航費用の獲得など、ビジョンを実現するための環境整備にもしっかり取り組んできたとのこと。

②組織作り
田畑の実績としては、日本一を掲げた際に主導して組織した浜名湾遊泳協会や、東京オリンピック招致時の挙国一致体制作りが挙げられます。

③適材適所
ドラマでは「俺についてこい」っぽい雰囲気がちょくちょく見受けられますが、実際は違っていたようです。
1932年のロサンゼルスオリンピックでは優れた水泳指導者の松沢一鶴(まつざわ いっかく)氏をヘッドコーチに迎えて技術指導を任せる。
1964年の東京オリンピック招致活動では、日系2世のフレッド和田氏には中南米、旧皇族の竹田恒徳(たけだ つねよし)氏にヨーロッパ諸国を訪問してもらうなどして、票の取りまとめを采配しました。

3つのポイントを知ったことで、今後のドラマの見どころが増えた気がします。