3月下旬から4月末までに入っていた全ての仕事がリスケになりました。
まとまった時間が取れそうなので、このタイミングで新しい一歩を踏み出そうとしている方へ、何かお役に立てないかと考えて、2016年に書きためた23本のコラムをベースにした新しい冊子を提供することを決めて制作に着手しました。
タイトルは『強みを商品に変えて売れる仕組みを作る3ステップ』
本冊子はメルマガ『日刊「大谷更生」』の読者登録特典として、4月中にリリース予定です。

3/28(金)に制作を開始して1週間、どんな感じで進んでいるかを実況中継します。

2020/3/29(土)

2016年に執筆した23本のコラムをもとに表紙と目次案を作りました。
・タイトル
お客さまから選ばれる売れる仕組みを作る3ステップ
・本文
21項目
40ページ程度

2020/4/1(水)

ざっくり見直して、タイトルを『強みを商品に変えて売れる仕組みを作る3ステップ』に変更しました。
目次も一部変更しています。
取り組んでいただこうと思っているワークシートを本文に追加したので、54ページに増えました。

2020/4/3(金)

各項目で何に取り組んでいただくか、ならびに行動することで得られる成果を具体化しました。


0.はじめに

1.知る
1-1.自分を知る
1-1-1.強みを知る
⇒揺るぎない自信
1-1-2.要素を知る
⇒今まで意識していなかった自分のアピールポイント
1-1-3.パターンを知る
⇒期待する成果を出す確率を上げる
1-1-4.ルールを知る
⇒自分が本当にやりたいこと
1-2.お客さまを知る
1-2-1.お客さまが抱える2つの悩み
⇒自社の商品・サービスがお客さまに選ばれる理由
1-2-2.理想のお客さまを知る12の質問
⇒お客さまが解決したい悩み

2.作る
2-1.自分を作る
2-1-1.自己紹介を作る
⇒見られたい自分
2-1-2.プロフィールを作る
⇒紹介しやすい人
2-1-3.人脈を作る
⇒紹介が増える
2-2.商品を作る
2-2-1.ネタを見つける3つの質問
⇒「あなたから買いたい」とお客さまから言われる商品
2-2-2.商品作りに欠かせない3要素
⇒長く提供できる商品
2-2-3.新しい商品を生み出す3つの視点
⇒商品のバリエーションが増える
2-2-4.商品を作る
⇒売れる仕組み作りの最初の一歩
2-2-5.メニューを作る
⇒お客さまがあなたの商品を選びやすくなる
2-2-6.受け皿を作る
⇒お客さまがスムーズにあなたの商品を注文できる

3.伝える
3-1.自分を伝える
3-1-1.名刺を作る
⇒相手が100%受け取ってくれるパンフレット
3-1-2.表札を作る
⇒文句も言わず24時間働き続ける営業部
3-1-3.飛び道具を作る
⇒お客さまの記憶に残り続ける

3-2.商品を伝える
3-2-1.仕組みを作る
⇒必要になったら、すぐあなたに連絡が来る状態
3-2-2.場を作る
⇒あなたの商品をさりげなくアピールする機会
3-2-3.心を作る
⇒折れない心

4.さいごに

目次を一部変更、本文が55ページになりました。


4/13週にリリースできるよう、これから本格的に本文の修正に取りかかります。
お楽しみに…

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録