仕事とは相手の役に立つこと。
これが大谷更生の答えです。
どんな仕事にも価値があります。
例えばコピーを取る、荷物を運ぶ、資料をチェックするなど。
代わりにコピーを取ることで、相手がその人しかできない重要な仕事に取り組めたり、時間を有効に使えたりします。
代わりに荷物を運ぶことで、相手が身体の疲れを感じることなく仕事を進めることができたり、集中して仕事ができたりします。
資料をチェックすることで、ミスを事前に防ぎ、安心して仕事を進めることができます。

仕事に雑用はありません。
雑用にしているのは、それを行う人の姿勢。
気持ちを込めず雑にやれば雑用になり、気持ちを込めて丁寧にやれば仕事になります。


仕事には相手の期待が込められています。
どんな仕事でも相手の期待を超えられるよう、心を込めて丁寧に取り組みます。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録