大谷更生の夢は、生きている間に達成したいことではありません。
大谷更生がこの世を去った直後のセレモニーで実現したい光景を描きました。
テーマは『大谷更生の葬儀』

◆どこで?
南の島の海に面した場所。
私がダイビングで何十回も通った沖縄、そして新婚旅行の地 ハワイ島を思い浮かべしました。

◆だれが
私がもう一度会いたい方が全員集合している。
その中で「絶対描いてほしい」とリクエストした方が二人います。
一人は最愛の妻 大谷聖子


そして、もう一人は私のメンター 一里塚華劇団の団長です。


大谷更生憲法とも言える『更生十則』の最初に掲げた
「頼まれごとは断らない」
は団長の
「いつ何時どんなオファーでも受ける!」
のパクり。
2004年12月、私は団長に会ったことで人生が大きく変わりました。

◆BGM
I Was Born To Love You(Queen)

◆何を
演奏したり、踊ったり、密談したり、海を見ながら語り合ったり…
この場を全員が思いっきり楽しんでほしいと思っています。

飲み友達から会社設立祝いにいただいた白い胡蝶蘭も描いてほしいとリクエストしました。


この絵を描いてくださったのは、夢の空想画家 栗原進さんです。

この場で出会った方が意気投合して、新しい価値を生み出すきっかけになれたら、これ以上の喜びはありません。
大谷更生の葬儀がそんな場になるために、今日も期待を超えられるよう全力で取り組みます。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録