答えは「一点集中」。
それを体験するために妻と南紀白浜まで来ました。
目的地はアドベンチャーワールド
アドベンチャーワールド内は、どこを見てもパンダ、パンダ、パンダ…。
まさにパンダ一点集中です。


◆看板




◆ここにもパンダ、あそこにもパンダ








◆こんなところにもパンダ






◆午前10:15、パンダの赤ちゃんが見れるブリーディングセンターには早くも行列


◆それでも行列を退屈させない工夫が各所にありました










◆ようやく赤ちゃんパンダの前に到着、でも母親(良浜)が鉄壁のガード


◆お父さんパンダ(永明)




◆赤ちゃんパンダと対面

◆パンダラブには結浜と桜浜


いいタイミングで起きてくれました




◆お疲れさまでした


ここまで突き抜けていると心地よかったです。
アドベンチャーワールドに来るまでパンダには全く興味がなかったですが、妻と周りの空気に影響され、いつの間にかスマホを構えてパパラッチのようにシャッターを切っていました。
大谷更生も2019年の飛躍に向けて、一点集中できるものを年末年始に追究します。