大谷更生が苦手な食べ物。
大谷更生がダメージを受ける言葉。
大谷更生がダメージを受けるタイミング。
妻は誰よりも大谷更生の急所を熟知しています。

結婚して今年で12年目。
イラっとしたり、ムッとしたり、カッとなったりすることは、今でもちょくちょくあります。

妻は大谷更生の感情を刺激する天才。
そんな妻の一挙手一投足に揺れ動いていたら、身が持ちません。

そこで編み出した防御策が、これです。


この姿勢を貫くために、大谷更生が日ごろから心がけていることが3つあります。

①受け止める

受け止めるとは、言いなりになることでも、従うことでもありません。
相手を認める、理解する、ということです。
妻の態度、言動、行動には何か理由があります。
その理由と向き合うことで、妻の刺激に感情で反応するのではなく、受け止めることができます。

②確認する

それでも気持ちがムカムカして収まらないときは、妻に問いかけます。
「なぜ、そんなことを言うの?」
「なぜ、そんなことをしたの?」
答えはどうでもいいんです。
問いかけることで、大谷更生が冷静さを取り戻すことができます。

③期待しない

期待していないから
・帰るときにメールをしてくれた
・食事の支度をしてくれた
・先に食事をせずに帰りを待っていてくれた
・部屋に掃除機をかけてくれた
・洗濯物をたたんでくれた
・布団を敷いてくれた
といった日常に、心から「ありがとう」を伝えることができます。

いつも、ありがとう。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録