大谷更生は新しい仕事の依頼を受けたとき、「この姿勢で臨む」と決めていることが3つあります。
①断らない
②無理をしない
③あきらめない

①断らない

『断らない』とは、相手に従ったり、相手のいいなりになったりするということではありません。
相手の依頼に隠された期待を把握した上で、自分ができるベストを提案します。
大谷更生は自分から依頼を断ることはありません。
『断らない』を貫くことで、相手は頼みやすくなります。

②無理をしない

『無理をしない』とは、手を抜いたり、いいかげんにやったりするということではありません。
「無茶はしても、無理はしない」
新しいことに挑戦するとき、いつも自分に言い聞かせている言葉です。
予定を詰め込んだり、徹夜をしたり、我慢したりといった無理は一時的には可能ですが、無理を続けていると反動が来ます。
その反動で、パフォーマンスが低下したり体調を崩したりしてしまうと、最終的には依頼してくださった方に迷惑をかけてしまうことになります。
「無茶はしても、無理はしない」
『無理をしない』を貫くことで、相手は安心して大谷更生に頼むことができます。

③あきらめない

大谷更生は依頼を受けたとき、心の中で誓います。
「相手の期待を絶対に超えてやる」
少しでもよいものを提供するために、ギリギリまで改善や修正を加える。
問題や困難にぶつかったら、
「この問題をどうしたら解決できるか?」
そう自分自身に問いかけて、考えられる全ての手段を講じて解決に全力を尽くします。
『あきらめない』を貫くことで、相手の期待を超えることができます。

私は『雪だるまの法則』を信じています。
仕事の報酬は仕事。
相手の期待を超えることで新たな依頼をいただくことができ、結果的に予想をはるかに超える実績を積み重ねることができる。

それを励みに、目の前の案件に全力で取り組んでいます。
これからも安心して無茶ぶりしてください。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録