8/30(金)はインプット日、中小企業における外国人材受入れセミナーを終えて講師勉強会「ノビテクカフェ」に向かいました。
テーマは「“成功する人しない人”トークセッション」。

元読売巨人軍の清水隆行さんの初めての著書『プロで成功する人しない人』出版記念イベントでもありました。
清水さんは長嶋監督時代に攻撃型2番打者として活躍した外野手です。

印象に残った言葉

◆何があっても3年間やりなさい(巨人スカウト城之内邦雄さんより)

◆成長に必要なもの
①深く考える
②変わる勇気
③継続

◆現在地を厳しく明確にする

◆フィードフォワード
逆算して考える

◆アドバイスで心掛けていたこと
・目線
・タイミング
言われたくないタイミングで言わない

「継続できないから結果が出ない」
この言葉の重みに、順風満帆に見えた14年間の現役時代に隠された苦悩を垣間見ることができました。

お土産にいただいたのは、めっちゃ貴重なサイン本。
週末に時間を取って拝読します。


プロで成功する人しない人』(清水隆行さん)