◆メールやメッセージへの返信
◆フェイスブック投稿のコメントへの返信
◆手紙や年賀はがきなどのコメント
など他者とのやりとりで、大谷更生が絶対にやらないと決めていることがあります。

それが本日のタイトル「コピペ禁止」


大谷更生は言葉を返す前に必ずやっていることがあります。
それは、その人に想いを馳せること。
・フェイスブックのタイムラインを確認する
・過去のメールやメッセージのやり取りを読み返す
・ホームページやブログで最新情報をチェックする
そうやって得た情報から、その人だけに伝わる『ひと言』を添えるよう、心がけています。

言葉には心が現れます。
この一言がお互いの未来を変えるかも!
そう考えたら、コピペした言葉なんて絶対に使えません。

言葉には心が現れます。
伝えた言葉が本心であることを証明するために、言行一致を貫きます。
例えば「今年は飲みにいきましょう」と書いて相手が反応したら、すぐ日程調整。
直近で自分が都合のよい日程を最低3つ提案します。
「いつか」「そのうち」と言っていたら、その時は永久に訪れません。

コピペ禁止と言行一致、もし大谷更生が破っていた場面を見かけたら、教えてください。
池袋で一杯ごちそうします。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録