11/6(水)~11/7(木)は大船で企画力研修の講師、今年2年目の案件です。
大谷更生が講師として登壇する際に最も意識していることがあります。
それは「安心安全な場の提供」です。



安心安全な場だから、何でも話せる。
安心安全な場だから、思いきってチャレンジできる。
安心安全な場だから、安心して失敗できる。

同じ失敗をするにしても、研修の場と仕事では影響範囲が大きく違います。
本番での失敗を避けるために、本番で起きてしまった失敗の影響を最小限に食い止められるように、研修で失敗を経験して、同じ失敗を二度と繰り返さないように身体に覚え込ませましょう、と伝えています。

安心安全な場を提供するために、大谷更生は受講者と約束します。
「否定しない」
「ダメ出ししない」

否定されると、思いきって動けなくなる。
ダメ出しされると、チャレンジできなくなる。

チャレンジの一環として、設定たテーマに対するアイデア出しのときに
「イケてないアイデア」
「つまらないアイデア」
「しょうもないアイデア」
と思ったとしても、どんどん出してくださいとお願いしています。
理由は3つです。
①そう感じているのは本人の思い込みである可能性が高い
②もし本当にそうっただとしても、アイデア出しのハードルを下げる効果がある
③アイデア同士を組み合わせることで思いがけないアイデアに進化する可能性がある
そのためには安心安全な場が欠かせません。

安心安全な場を維持するために、脳みそフル回転で言葉を選んで伝えています。