今月は仕事のダンドリや整理術のセミナーに登壇するので、参考になればと思って手に取りました。
あなたの1日を3時間増やす「超整理術」』(高嶋美里さん)

すぐにやってみようと思ったこと

◆すぐ持ち出せるセットを作っておく(27ページ)
大谷更生も外出用にバッグインバッグを活用しています。

バッグインバッグに入っているもの
・鍵
・ふせん
・携帯電話
・ICレコーダー
・イヤホン
・4色ボールペン
・キッチンタイマー
・鉄道時計
・レーザーポインター
※講師登壇セット
ノートパソコンのケーブルの取り扱いをどうしようかと思っていたところ、28ページに「一目で中身がわかるように、透明なポーチやケースに入れておく」とあったので、さっそく100円ショップでメッシュの透明ポーチを調達します。

◆やるべきことの時間を指定する(64ページ)
ポイント
1.やるべきことはすべてカレンダーに入れて、自分は忘れる
2.やることの時間を把握して、毎日の時間割を作る
3.時間割に合わせて仕事をし、できるだけ予定時間を縮めていく
7/4(木)中にやらなきゃと思っていた授業の予習、googleカレンダーに予定を入力して取り組んだところ、予定よりも短い時間で終えることができました。

◆「必要なときにID、パスワードが出てこない!」を防ぐ(101ページ)
おススメの「重要な情報はスプレッドシートに記録する」
テキストファイルに書いていたID、パスワードのデータをスプレッドシートに記録し直しました。

◆自分の正確な時間を記録しよう(141ページ)
これは仕事のダンドリセミナーの演習に取り入れてみたいです。
例)
8:58 席に着く
8:59 パソコンを立ち上げる
9:04 お茶を淹れて席に戻る
9:06 メールチェック開始


9:27 メールチェック終了
9:31 メール返信開始

仕事が早い人には理由があることが、本書を読んで、よくわかりました。

あなたの1日を3時間増やす「超整理術」』(高嶋美里さん)