あなたは自分にとって大切な方お二人から同じ日、同じ時間に誘いを受けたらどうしますか?
大谷更生だったら両方とも行きます。
9/23(月)はそんな日でした。

ひとつはFP社労士 竹内誠一さんのインターネットTV「たけチャンネル」出演


そして、もうひとつはソングレターアーティスト安達充さんの「ソングレター15周年記念ライブ」でした。

お声がけいただいたのは竹内さんが先。
とはいえ安達さんとは13年の付き合いで、2008年に私が関わったイベントで講師へのサプライズプレゼントとしてソングレターを作ってくださったこともあったので、どうしても節目のイベントに駆けつけたかった。
そこで今回はこんなスケジュールを立てました。

安達さんのイベントには、第一部16:00~17:30まで滞在。


第一部が終わって第二部が始まるまでの休憩時間に会場を飛び出して「たけチャンネル」配信会場へ移動。
きっちりと事前打合せを行って、無事に配信を終えることができました。


これがもし同じ日、同じ時間に3つ4つと重なっていたらどうしていたか。
もし1分1秒でも全てのイベントにお邪魔することが物理的に可能だったら、全ての参加費を支払って、滞在時間が同じになるようにタイムマネジメントして、全て参加していたと思います。

わずかな時間でも参加するのは、誘ってくださった方との絆の証。
そのためなら喜んで時間とお金を投資します。