2/25(火)は知人の紹介で、ふだん参加しないテーマの講演会に参加してきました。
CES2020から占う2020年以降の世界

講師は田中道昭さん。
大学教授(立教大学ビジネススクール大学院ビジネスデザイン研究科)×上場企業取締役×経営コンサルタントと3つの肩書を持ち、著書12冊、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」はじめ多くのメディアに出演なさっている方です。
60分一本勝負、濃厚な時間でした。

CES2020トピック

◆CESは「シーイーエス」と読む
ちなみにMITは「エム・アイ・ティー」
セス、ミットとは言わない

◆CESのトレンド
・データの時代とプライバシーの時代の両立
・米中新冷戦の中で中国メガテック企業が軒並み参加を見送り
・重要テクノロジーの多くがテクノロジーの幻滅期ステージ
・トヨタやソニーに代表される日本企業の存在は回復
・Ambient Computingが台頭
・ホリスティックが重要なキーワード
 二元論からの脱却
・プロダクトセントリックからカスタマーセントリックへの移行

◆プライバシー保護の重要性
プライバシーテック
アップルとFacebookは個人情報をどう守るか
チーフ・プライバシー・オフィサー(CPO)
アップル「データ・ミニマイゼーション」
いかにユーザーデータを取らないか
個人のデータを持つことはリスクである

◆大胆なビジョン
トヨタ「WOVEN CITY(ウーブン・シティ)

◆GAFA、BATHの共通点
大胆なビジョン×高速PDCA

世界の動向

◆おススメ本「ビッグ・ピボット」(アンドリュー・ウィンストン)


◆アマゾン
10万代のEVトラック導入(2019/9/19)

◆ビジネス・ラウンドテーブル(米経営者団体)
株主第一主義の見直し(2019/8/20)
⇒ステークホルダー資本主義

◆ハーバードビジネスレビュー
How to Develop a Talent Pipeline for Your Digital Transformation
1. They look for potential, not credentials.
2. They value soft skills as much as technical ones.
3. They think about teams, not individuals.
4. They incentivize employees to grow.
従業員エンゲージメントから従業員エクスペリエンスへの進化

伝えたい4つのこと

1.チャンスの女神には前髪しかない
⇒先に準備をしておく
2.大胆な目標から逆算しての努力
3.努力は必ず報われる
4.誰に対して大胆な目標を話すか

この時期だからこそ次につなげられるよう、しっかり咀嚼して血肉にします。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録