大谷更生は相談を受けているとき、こんなことを思いながら相手の話を聴いています。
・どうしたら相手が元気になるか?
・どうしたら相手がやる気になるか?
・どうしたら相手に「わかりました、やってみます」と言ってもらえるか?

そのために心がけている相談の3ステップをご紹介します。
1)まるごと認める
2)ネタを出す
3)相手に委ねる

1)まるごと認める
まずは相手の話を聴きながら、いま相手ができていることを探します。
できていることを見つけたら、具体的に指摘します。
「あなたのことを知りたい、理解したい」
そんな想いを伝えるためです。
否定やダメ出しは絶対にしません。

2)ネタを出す
次に、こうしたらもっとよくなるんじゃないか、と感じたネタをアイデアとして提案します。
いっぱい提案して混乱させてしまっては逆効果なので、提案するアイデアは3つまで、と決めています。

3)相手に委ねる
抱えている問題を解決できるのは相手だけ。
大谷更生ができるのは、相手に
「これだったら、イケるかも」
と思ってもらえる環境を整えること。
そのために、相手が納得するまで話を聴き、アイデアを出し、あとは相手に委ねます。



大切なのは相手が自分自身で必ず問題を解決できると信じること。
大谷更生は、あなたを信じています。

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録