大谷更生総合研究所合同会社

セミナー企画 無料電話相談受付中
TEL 03-6671-4488

ブログ

テレワーク導入の基本セミナー実況中継

2/19(金)午前中に自宅兼事務所からオンラインセミナーを配信しました。
テーマは「テレワーク導入の基本」
福島の公共団体様からの依頼です。

定例会議終了後にセミナー60分の予定だったのですが、前の会議が延びて急きょ50分に短縮。
それでも何とか時間通りに終えることができました。

今回はセミナーのポイントをご紹介いたします。


 
セミナーは3部構成です。
1.テレワークで対応可能な業務
2.テレワーク導入に必要な準備
3.テレワーク活用事例

 

1.テレワークで対応可能な業務

・テレワークとは
場所や時間にとらわれない柔軟な働き方
「tele=離れた所」と「work=働く」をあわせた造語

・なぜテレワークが求められるのか
新型コロナウイルス感染拡大
働き方改革
環境の整備

パーソル総合研究所「第三回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」(2020/6/19)の結果を抜粋して紹介

・テレワークに適した業務
①一人で完結する業務
②成果で判断できる業務
③セキュリティ面の問題がない業務

・対応可能な業務(例)
各種書類作成(見積書、請求書、納品書、企画書など)、ホームページ更新、画像編集・加工作業、社内会議、顧客や取引先との商談や打合せ、商品発注、電話対応など

 

2.テレワーク導入に必要な準備

①ルールを決める
連絡方法
例)
・始業時
・終業時
・報連相
⇒タイミングと手段を事前に徹底する

②環境を整える
◆セキュリティの確保
セキュリティのリスク
・情報漏えい
・重要情報の消失
・作業中断

◆オンライン会議ツール
・オンライン会議ツールとは
・主なオンライン会議ツール
Zoom、Microsoft Teams、Webex、Google Meet、Skypeなど

・オンライン会議のメリット
会議にかかるコスト削減(時間、費用など)
情報共有、意思決定の迅速化
→うまく活用すれば、スピードだけでなく納得感も高まる

・オンライン会議のデメリット
環境に左右される
空気が読めない
集中できない

・オンライン会議ツールの便利な機能(例:Zoom)
画面共有
チャット
レコーディング

・オンライン会議で押さえておきたいこと
①全員がストレスなく話せる環境を用意する
例)
通信回線の速度と安定性の確保
音声をクリアにする工夫(ヘッドセットまたはマイク付イヤホンを用意する)
カメラ映りを工夫する(背景、明るさなど)
リマインダー(開催確認連絡)を漏れなく行う
オンライン会議を早めに立ち上げておく

②オンライン会議のルールを決める
例)
カメラはオンで参加する
発言しない時はマイクをオフ(ミュート)にする
発言したいときの意思表示(挙手、チャットなど)
名前を名乗って発言する
発言は「以上です」で終える

◆ビジネスチャット
インターネット上で仕事をスムーズに進めるために開発されたコミュニケーションツール
・代表的なビジネスチャット
Chatwork、Slack、Microsoft Teams

 

3.テレワーク活用事例

・OA総合商社
・航空会社
・製造業
・旅行会社
・生命保険会社
・金融機関

 
こんな感じで、依頼されたテーマに合わせてスライドを準備して講師を務めています。

 

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録

日本全国対応
Zoom・Meetなどオンラインでも対応可能です。
お気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

TEL 03-6671-4488

受付時間 平日10:00〜18:00