以前読んだ『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』が印象に残っていて手に取った、マイクロソフトでWindows95のソフトウェア・アーキテクトを務めた経験を持つスーパープログラマー中島聡さんの『結局、人生はアウトプットで決まる


読み終えて、印象に残ったフレーズが紹介されている箇所をピックアップしました。

◆価値のある記事
常に新しい知識を吸収し、それを自分なりに消化し、独自の解釈を加えてこそ、読む人にとって価値のある記事を書けるのです。

◆合理的な文章
では、説明文や論文にふさわしい文章、つまりは情報を伝えるためのツールとして優れているのは、どんな文章なのでしょう。
それは、ひと言で言えば「合理的な文章」です。
合理的な文章とは、論理の流れがはっきりとしていて、明解で簡潔な文章のこと。
よけいなことは書かず、必要なことだけをもれなく、順序立てて記述した文章のことです。

◆当事者意識
当事者意識を持つとインプットの質は飛躍的に向上します。

◆会話に意味を持たせる
私はというと、形式的な挨拶は省き、いきなり「その人がふだん何をしているのか」、「どういう仕事をしているのか」といった部分から聞くようにしています。
これは、なるべく早いうちに相手がハマっていることを聞き出し、それと同時に自分がハマっている対象もいち早く伝えることで、会話に意味を持たせたいからです。

◆おみやげ
最近では講演に呼ばれたり、大勢の前で話す機会も格段に増えました。
いついかなるときも心掛けているのは、「何を伝えたいのか」をはっきり決め、それを伝えるように最大限努力することです。
私はこれを、よく「おみやげ」と呼んでいます。
せっかくプレゼンや講演を聞いてくれた人に、私が伝えたかったメッセージをおみやげとして持って帰ってもらうのです。

◆炎上
そんな人たちは総じて、建設的な議論をしたり、アウトプットした人のためを思って発言したりしているのではなく、不愉快にさせるためにやって来ます。
だからこそ、毅然としていればいいのです。
炎上したならば、その後の行動が重要です。
精神的にかなりやられてしまうでしょうし、発言を撤回したり、削除したくもなるでしょう。
しかし、失言や不祥事が原因ならまだしも、自分が正しいと思い、責任を持って発言した内容であれば、堂々としていればいいのです。

結局、人生はアウトプットで決まる』(中島聡さん)