あなたは最近、自分の時間が奪われていると感じたことはないでしょうか。
誰に奪われているか。
スマホです。


電車の中、誰かを待っている時間、はたまた食事の最中や誰かと会っているとき、さらに仕事中でもスマホが手元にないと落ち着かないというようなら重症です。

大谷更生も、電車の中や待ち時間など手持ち無沙汰を感じたとき、スマホに手が伸びることがないとは言いませんが、極力スマホを触らないように気をつけています。
では、どうしたらスマホに時間を奪われないようにすることができるか。
おススメは通知オフです。

大谷更生が新しいアプリをスマホにインストールするとき、インストールが終わった直後に必ずやるのが、通知をオフにすることです。


スマホを気にしないようにしようと思っても、更新が入るたびに「ピロリン」と音が鳴ったり、ポップアップで通知されると気にせずにはいられません。
通知をオフにすることで、メッセージなどアプリに対して何らかの更新が入った通知がスマホに表示されるのを防ぐことができます。

そしてスマホは常にマナーモード。
カメラも音が鳴らないアプリを入れています。


音と通知、この2つをシャットアウトすることで、スマホに時間を奪われる脅威をかなり抑えることができます。
自分の時間をスマホに奪われていると感じているようなら、試してみる価値はあると思います。