妻の遅い夏休みに便乗して、9/25(火)は飛騨高山に来ています。
飛騨高山は歴史の街。
戦国時代に織田信長の家臣だった金森長近(かなもり ながちか)が領主となって街を整備、江戸時代は幕府直轄地となるくらい、全国でも重要な場所となりました。
厳かな空気が流れる桜山八幡宮


そんな街をぶらぶら歩いて気づいたことがあります。
それが「徹底」
江戸時代の面影を残す古い町並みや歴史的建造物が残る場所は、関東だと川越はじめ、あちこちにありますが、徹底度が違います。

◆高山駅


こんな看板、なかなかお目にかかれないです。
◆マツモトキヨシ


◆ファミリーマート


◆セブンイレブン


◆十六銀行


◆交番


◆上三之町

妻が映りこんでいました

どこを切り取っても、古い町並みになりきった外観になっています。

もちろん、まじめな視察だけでなく、食も堪能。
CENTER4 HAMBURGERS


楽しみながらって、大事ですよね。

そんな話をしていたとき、妻が何気なく放ったひとことに驚きました。
「そういえば、高山で自動販売機を見てないね」
そうか!
これも徹底の証。

この街作りを進める中で、高山市はいろんなものを断ってきたと思います。
勇気を持って断ち、絞って徹底する。
まだまだ自分にもできることがあるな、と感じた高山散策になりました。

メールマガジン『日刊「大谷更生」』読者登録のススメ

ブログ日刊「大谷更生」がいち早くチェックできるメールマガジン日刊「大谷更生」読者登録のお礼として、仕事が取れるサービスメニューはじめ23種類のフォーマットのデータを無料でプレゼントしています。
【無料プレゼント詳細】
http://otani-kosei.com/registration-gift/

プレゼントをお気に召してくださったら、毎日12:00にお届けしているメールマガジン『日刊「大谷更生」』を登録いただけると嬉しいです。

日刊「大谷更生」読者登録