何十年も生きていれば、一つや二つ、十や二十、五十や百、五百や千…。
数の大小はともかく誰もが持っているものがあります。
それが悩み。
生きている限り、悩みが尽きることはありません。

人それぞれ抱えている悩みは違いますが、全ての悩みは2種類に分けられます。
①マイナスの悩み
②ゼロの悩み

マイナスの悩みとは『痛み』や『苦しみ』のこと。
たとえば、頭が痛い。


身体がだるい。


気分が乗らない。


なぜ『痛み』や『苦しみ』をマイナスの悩みと表現するか。
頭が痛い、身体がだるい、気分が乗らない。
これって普通の状態でしょうか?
そんなことはありません。
ずっと頭が痛かったら、生き地獄ですよね。

頭が痛くない、身体がだるくない、気分がスッキリしている。
これが普通の状態です。
普通の状態を『ゼロ』とした場合、そうでない状態を『マイナス』と表現しています。

ゼロの悩みとは『夢』や『希望』のこと。
例えば、別荘がほしい。


車がほしい。


ハワイに行きたい。


なぜ『夢』や『希望』がゼロの悩みなのか。
「別荘がほしい」
「車がほしい」
こう口にする人は、現時点で別荘や車を持っているでしょうか?

「ハワイに行きたい」
こう口にする人は、ハワイに行ったことがあるでしょうか?

もちろん別荘や車は持っていない。
もちろんハワイに行ったこともないですよね。
こうなりたい夢や希望をプラスとすると、それが実現できていない現在の状態を『ゼロ』と表現しています。

ではどうやったら、これらの悩みを解消できるか?

マイナスの悩みはゼロになれば解決します。
具体的には『頭が痛くない』『身体がだるくない』『気分が乗っている』状態になれば解決です。


ゼロの悩みはプラスになれば解決します。
具体的には『別荘が手に入った』『車が手に入った』『ハワイに行った』が実現したら解決です。


マイナスをゼロにする、ゼロをプラスにするには行動あるのみ。
あなたが抱える悩みはマイナスですか、それともゼロですか?

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録