私が問題解決研修の講師を務めるとき、最初に必ずやるアイスブレイクがあります。

短所変換



印刷した短所変換シートと、タイマーを用意してください。
まずは短所変換シートの左側『短所』を埋めていただきます。
ご自身の短所、弱点、弱み、イケてないところなど、思いつくままに書き出してください。
書き方は自由、単語でも、箇条書きでも、文章でもOKです。
制限時間は2分です。
では記入をお願いします。

2分たちましたので、手を止めてください。
次は短所変換シートの右側を埋めていただきます。
短所変換なので、短所の反対。
左側に書いた短所を、長所、強み、得意なことに変換してください。

「そんなこと言われても、短所は短所なので変換できないよ」
そんな心の声が聞こえてきましたので、ひとつ変換のヒントをさしあげます。

いま書いた短所、ご自身の短所ということは忘れてください。
そして、あなたが最も面倒を見ている部下、後輩のことを思い浮かべてください。
その部下、後輩が、この短所があることで、食事が喉を通らないくらい落ち込んで、悩んでいます。
そんな部下、後輩を元気づけ、励ます。
どんな言葉を伝えますか?
思いついた言葉を右側に書いてください。

例えば、「口下手」という短所。
私だったら、こう変換します。
「●●さんって、話しやすいよね」
「聞き上手だよね」
「しっかり聴いてくれるので、安心して何でも話せるよ」
「いつもちゃんと聴いてくれて、ありがとう」
制限時間は3分です。
では記入をお願いします。

はいっ、お疲れさまでした。
全て変換できましたでしょうか。
どう考えても思いつかなかったとき、奥の手があります。
『ネガポ辞典』というアプリを使ってみましょう。
Androidアプリ
iPhoneアプリ

ネガポ辞典は北海道の高校生が企画、全国高等学校デザイン選手権(通称デザセン)2010で第3位となり、審査員長の小山薫堂さんに「元気になれる心のアプリ」と絶賛されて2011年6月にリリースされた、ネガティブな言葉をポジティブな言葉に言い換えるアプリです。
アプリが大好評で書籍として出版され、ベストセラーになりました。
ネガポ辞典 実践編


例えば、ネガポ辞典で『飽きっぽい』を検索すると、『気持ちの切り替えが早い』『視野が広い』『行動力がある』と出てきます。


最初はネガポ辞典に頼らざるを得ない場面が多いかもしれませんが、経験を積めば自力で短所変換できるようになります。

なぜ短所変換を問題解決研修のアイスブレイクに使うか。
それは視点を変える訓練になるからです。

問題をある一つの側面だけでしか見ていないと、分析に偏りが生じ、問題の本質をとらえるのは難しくなります。
そこで『視点を変える』
問題を多面的に観察することで、さまざまな切り口で分析を行うことができ、結果的に問題の本質に素早くたどりつけるようになります。