大型連休初日の4/28(土)は妻と不動産屋さんへ。
次の住まいの候補物件を案内していただきました。

物件1

2DK(46.0㎡)、最寄駅から徒歩5分

物件2

3DK(68.04㎡)、最寄駅から徒歩7分

物件3

2DK(52.05㎡)、最寄駅から徒歩9分


全て確認したところで、最後に行った物件3に決定、申込書にサインしました。

物件を回っているとき、面白いことに気づきました。
物件をチェックするポイントが妻と私で全く違うということです。

妻のチェックポイント
・ドラム式洗濯機が収まるか
・ガスコンロを持っていけるか
・マンション(鉄筋)
・2F以上
・方角
・クローゼットの広さ
・どこに靴箱を置けるか
・廊下の幅

私のチェックポイント
・自分の仕事部屋を確保できるか
・トイレにウォシュレットがあるか
・どの部屋にエアコンがあるか
・部屋の玄関から建物の外に出るまでに傘をさす必要があるか
・洗面所が独立か
・排水溝から匂いがしないか
・隣の部屋と下の部屋に住んでいるのは誰か

そんな感じで、物件を見ているときは「あーだこーだ」お互い言ってましたが、「どの部屋がいい?」となったときの結論は一緒でした。

今回の物件選び、妻との違いを改めて感じる機会になりました。