友人が紹介していた本を手に取ったおかげで、「自分を生きる」とはどういうことかについて、考えるきっかけを得ることができました。
ストロング本能』(青木真也さん)

著者に大いに共感した箇所

◆俯瞰する力を鍛えて収入源を増やす
その当時から、
「来た仕事は受ける」
というのはあたりまえですが、
「来た仕事を一緒につくっていく」
という意識をつねに持っていました。

◆自分のダメさを観念し認めた上で対処する
まずは
「私の心はガラスのように脆い」
「みんな弱いんだ」
という現実をしっかりと認識することです。
そして、これこそが本能と共に生きることであると考えています。
(中略)
「自分は弱い」というのが本能レベルで理解できて初めて、動揺しないための準備や対処ができるようになるのです。

◆周囲はあなたが思うほどあなたのことを見ていない
人前に出るとアガってしまう。
そんな緊張グセがある人は
「恥ずかしい思いをする練習」
が有効です。
アガってしまうのは、「失敗したくない」という気持ちの表れです。
その気持ちを克服するためには、恥をかくことが大切なのです。

◆「うるせぇバカ」と「はったり」は地球を救う
ブレない自分を貫くコツとしては、弱みを見せないことも重要です。
(中略)
人に流されず、弱みを見せなければ、相手は攻めてこなくなります。
虚勢を張り続けていれば、それは次第に現実味を帯びてくるもの。
「弱みを見せた瞬間に食いつかれる」という感覚は、格闘家ならではの心理かもしれません。

◆フォーカスするのは「結果」ではなく「過程と準備」
大切なのは「結果はコントロールできない」と知ること。
コントロールできるのは、自分の行動や考え方であるプロセスや過程の部分だけです。
結果はコントロールできませんが準備はできる。
準備にフォーカスすれば、ふさわしい結果はついてくるもの。
そして、いい結果すらもただの「結果」として淡々と受け止める。
(中略)
結果にこだわりすぎて、悩んだりイライラしたりするよりも、いますべきことに集中したほうが生産的です。

◆日常生活から「勝負の練習」をしておく
「勝負する練習」をしておくことは大切です。
多くの人は勝負を避けたがります。
仕事やプライベートでも、ジャッジされるのが怖いからと結論を先延ばしにしてしまうことだってあるでしょう。
しかし、勝負を重ねれば「勝負慣れ」します。
だから、どんどん勝負するほうが絶対的に有利です。

◆「裸の自分」と「服を着た自分」
「自分」のなかには「裸の自分」と「服を着ている自分」がいます。
この2つの自分がいることを認識しておくことが、自分を客観視するためには大切です。
(中略)
つねに、いま裸なのか服を着ているのかを認識しておくこと。
そして、場面に応じて、どんな服を着せて自分を演出するかまで考えることが重要です。

ストロング本能』(青木真也さん)