久しぶりに読んだ神田昌典さんの著書、「リーダーとは?」という問いと向き合う一冊でした。
神話のマネジメント

ドキッとした箇所

◆桃太郎に見る組織の人間模様
①桃太郎…起業家(軍人)
②犬…実務家(魔術師)
③サル…管理者(官僚)
④キジ…まとめ役(統合者)

◆本当のリーダーとは
ほかのメンバー(イヌ、サル、キジ)の能力を引き出して、協力関係を築き、そして未来を志向する人

◆会社での社員の役割
・メンバー(平社員)
与えられた目の前の仕事をとにかく効率よくこなすこと
ルーチン以外の仕事はありません
・マネージャー(課長)
仕事のやり方の見本を示して部下に教え、結果を出すこと
マネージャーはティーチャー(教師)と同義語
・チーフ(部長)
自分で新たなプロジェクトを創造して仕事の段取りを考え、そして結果を出すこと
会社の問題点を自分で見つけ、プロジェクトを創造することが仕事
・リーダー(事業部長)
インスピレーションを与え、社員のやる気を引き出し、そして新たな発想に基づく事業やプロジェクトを考えついて、そして結果を出していく
将来のビジョンを示す

◆社長が社員を依存させようとする無意識の行動パターン
人が育たないのではなく、人を育てたくないのである。
いい人が採用できないのではなく、いい人を採用したくないのである。
なぜなら、いい人を部下に持つと、自分の存在意義がなくなってしまうからである。
人から依存されて初めて、自分自身の空虚感や無価値感を癒すことができる。

◆成長カーブごとに訪れる起業家の落とし穴
第1の落とし穴:導入期
品質問題、エネルギー不足
第2の落とし穴:成長期前半
家庭問題、夫婦問題
第3の落とし穴:成長期後半~成熟期
組織の反乱

◆混乱がもたらす本質的なメリット
・不信感を突きつけられるからこそ、証明できるようになる自分の才能。
・不安定の中で問いかけ続けるからこそ、見いだせる新しい市場ニーズ。
・理不尽の中で葛藤するからこそ、鍛えられる精神的タフネス。
・周りを批判できる環境だからこそ、守られている自分の安定性。

◆マニュアルが作れない理由
①そもそも業務が混乱しているので、いったい何のマニュアルを作ればいいのか分からない。
②マニュアルのサンプルがないから、どんなマニュアルを作っていいのか分からない。
③そもそも日常業務で忙しすぎて、マニュアルを作る時間がない。
④マニュアル作りに時間を割ける余剰人員がいない。

◆古いライフサイクルから、新しいライフサイクルに乗り換えるには?
今一番、自分がやらなければならないと思っている仕事を、全部やめてみることを想像する。
今はこの売り上げがなくなったら困るから大変だけど、やり続けなければならないと思い込んでいるもの。
以前、やりたいと思っていた仕事だが、今はやりたくないもの。
そういう仕事を列挙してみよう。
      ↓
今回限りにする仕事、ひとつ決めました。

神話のマネジメント』(神田昌典さん)