大谷更生総合研究所合同会社

セミナー企画 無料電話相談受付中
TEL 03-6671-4488

ブログ

YTRって何ですか

DX講演の参考になればと思って手に取りました。
令和の現場力」(遠藤功さん、山本孝昭さん)


本書のテーマは、どうしたら現場の活力を取り戻すことができるか。
そのために必要なのが業革(業務改革)ということで、表紙裏で業革の推移をこのように定義しています。
業革1.0
昭和(1980年代)の生産性向上活動
代表例はOA(オフィス・オートメーション)
業革2.0
平成(1990年代以降)の業務改革
BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)による全体コストの最適化
業革3.0
YTR(「役に立つ」ことを「楽しく」「楽に」やる)をコンセプトとする、「人間中心」の業務改革

本書で興味を惹かれたのが事例です。
事業を営んでいる方でしたら、興味を覚えた商品・サービスの箇所に目を通すだけでも、何かヒントを得られると思います。
第2章…良品計画
第3章…変なホテル
第4章…SOMPOケア(介護)
エピローグ…大里綜合管理(不動産:千葉)

目次

プロローグ
「働き方改革で生産性向上」の現実
第1章
「業革3.0」で求められる5つのパラダイムシフト
第2章
〝資本主義の頭〟で考えてはいけない
第3章
「変なホテル」の「変」は「変化と創造」
第4章
「介護はどうあるべきか」を考え、テクノロジーで効率化
第5章
「業革3.0」を成功させるための6つのポイント
エピローグ
本当の「YTR」を実現するために
―房総の小さな不動産会社から学ぶ

印象に残った箇所

77ページ
今求められているのは、「デジタルか、アナログか?」という二者択一ではなく、「経営のどこに、どう組み合わせれば最適か?」という答えを示すことである。

138ページ
「変な」というの、ただおもしろおかしいということではなく、世の中の変化に対応していく、未完成なもの、変化し続けるものというコンセプトです。

 
令和の現場力」(遠藤功さん、山本孝昭さん)


 

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録

日本全国対応
Zoom・Meetなどオンラインでも対応可能です。
お気軽にご相談ください。

メールでお問い合わせ

TEL 03-6671-4488

受付時間 平日10:00〜18:00