最近ありがたいことにコラム執筆の依頼をいただく機会が増えており、今までに3本アップされました。
人材育成の3つの手法
OJT、Off-JT、SDの特徴や、メリット・デメリットをわかりやすく解説

研修や会議で使えるアイスブレイク集│硬い研修を手軽に盛り上げよう!
大谷更生の研修でよく使う短所変換をはじめ、手軽に場をなごませることができる、シンプルなアイスブレイクを5つ紹介

報連相の目的 │なぜ仕事ができる人は報連相を欠かさないのか
報連相の目的と重要性、仕事ができる人が報連相で心がけているコツを紹介

そして今月は「仕事効率化」というテーマで書く予定です。
文字数の目安は2,000字。
大谷更生がこのくらいの文字数で文章を書くとき、最初に取り組むことが2つあります。
①ポイントを3つ決める
②タイトルを決める

①ポイントを3つ決める

使うのは4色ボールペンとポストイット。


まずはテーマで思いついたことをポストイットに全て書き出します。
次に書き出したポストイットを共通点でいくつかのグループに分けます。
今回は、この3つに決めました。
1)選ぶ
誰がやるかを選ぶ
⇒自分
⇒自分以外

2)決める
タイミングを決める
⇒今やる
⇒後でやる…期限を決める
⇒やらない

3)減らす
探す時間を減らす

②タイトルを決める

案)仕事の効率を15.76%挙げる3ステップ
3ステップそれぞれで生産性を5%アップさせる
1.05×1.05×1.05=1.157625≒15.76%



これをもとに、導入文、本文、まとめを仕上げていきます。
どんな文章に仕上がるか、ご期待くださいませ。