11月にタイムマネジメント1日研修の依頼を受けたので、カリキュラムをバージョンアップさせようと思って何冊か手に取ったうちの一冊がこれでした。
今より1時間早く仕事が終わる習慣』(沢渡あまねさん)


本書のキーワードは「主導権」
主導権を持って仕事を進めている方が持つ特徴を、7つの行動習慣として具体的に紹介しています。
①仕事の進捗と、自分が置かれている「現在地」を知っている
②先読みして行動している
③相手と瞬時に意識を合わせている
④何が問題かを適切にとらえ、無駄な動きをしない
⑤率先してテキパキさばいている
⑥仕事の進め方の「勝ちパターン」を持っている
⑦早帰りが許されるキャラクターを作っている

取り入れたいノウハウ

◆現在地を見せるコツその3
メールはプレゼン資料でもできる!ちょっとした現在地把握の工夫
改善点は2つです。
①冒頭で要件を明確にし、かつ数字で要点を示す
②箇条書きの「・」をやめてナンバリングする

◆先を読むためのコツその1
スケジュールを把握する
次ページから提案する3つのスケジュールの把握は地味に重要です。
(1)相手のスケジュール
(2)自分のスケジュール
(3)チームのスケジュール

◆先を読むためのコツその2
仕事を5つの要素に分解する
その5つの要素とは「目的」「インプット」「成果物」「関係者」「効率」です。

◆自分の勝ちパターンを見極めるための3つの切り口
(1)得意な仕事/不得意な仕事を書き出す
(2)仕事のタイプを5つに分けてみる
①情報収集
②アイデア出し
③考え仕事
④資料作成
⑤事務作業
(3)タイプ別に「はかどる環境」「はかどる時間帯」を洗い出してみる

今より1時間早く仕事が終わる習慣』(沢渡あまねさん)