表紙の「期待以上」に惹かれて手に取りました。
期待以上に人を動かす伝え方』(沖本るり子さん)


基本構成は1テーマ見開き2ページ、NGパターンとOKパターン両方を紹介してくださっているので、とってもわかりやすいです。

相手に伝える前に押さえておきたいこと

◆「発信」レベルは5段階に分かれる
1.話す
「伝える」に含まれる
話さなくても伝えることはできる
2.伝える
相手に伝えたいことを伝えるだけ
3.伝わる
相手に発信したことを正しく受け取ってもらえる
4.動く
相手が希望通りに動いてくれる
5.期待以上に動く
希望の動きだけでなく、相手が予想以上に動いてくれる

◆「伝えているつもり」の原因とは?
①不意打ちで言いたいことを話す
②1文が長い
③思いつくまま話す
④ダラダラと話す
⑤淡々と同じ調子で話し続ける
⑥小難しい言葉を使う

◆人が動き出す3つのコツ
①言いたいことは濁さない
②言葉の使い方を工夫する
③相手の感情をマイナスにしない

◆説得するのではなく納得してもらう
説得
「あれもこれも言いたい!」と自分勝手に考える
⇒相手を説き伏せるようとする
⇒説き伏せられていると思うと自発的に動く気は失せる
納得
「どうしたらいいか?」と相手の立場で考える
⇒相手の納得を目指す
⇒気持ちは前向きなので期待以上に動いてくれやすくなる

◆相手に「共感された!」と解釈させるコツ
・相手の行動をみてあげる
・相手の思考をみてあげる
・相手の感情をみてあげる

どれか一つでも気になった方は、ぜひ本書を手に取ってみてください。

期待以上に人を動かす伝え方』(沖本るり子さん)