8/7(火)新潟での問題解決1日研修終了後、一番前で大きくうなずきながら聴いてくださった受講者から終了直後に
「とってもわかりやすかったです」
と嬉しい感想をいただきました。
社会人経験20年前後とお見受けしたエレガントな雰囲気の女性、ちょっとした会話のあとに私の年齢を聞いたとき、ビックリしたような表情で、こうおっしゃいました。
「私よりも年下だと思ってました」

私は現在48歳、こんな著名人が同級生です。
◆中山美穂
◆マライア・キャリー
◆桜井和寿(ミスターチルドレン)
◆宮迫博之(雨上がり決死隊)
◆ウド鈴木&天野ひろゆき(キャイ~ン)
などなど…

そういえば、ここ2、3年、実年齢よりも下に見られる機会が増えている感じがします。
なぜ大谷更生が若く見られるのか、改めて考えてみました。

①体重があまり変わっていない

この写真は私が17歳(高校3年生)のとき、当時は片道15kmの道のりを自転車で50分かけて高校まで通っていました。
体重58kg


大谷更生29歳(体重70kgくらい)


大谷更生31歳(人生最高体重75kg)


現在は62.5kg、高校3年生のときと比べると+4.5kgですが、別人というほどの変化はないと思っています。

②妻が若く見える


妻は私よりも6歳年上で現在54歳。
妻の趣味は社交ダンス、水曜夜と土曜午後は社交ダンス教室に通っており、社交ダンス歴は7年目です。
私と一緒にいるときに言われると、妻がとっても喜ぶ言葉があります。
「若い奥さまでいいですね」
その言葉を言ってもらえるように、美白対策やスキンケアなど、社交ダンス以外に若くあり続ける努力を地道に続けています。
そんな妻に負けたくない、という心理が私に働いているのかもしれません。

③髪の色&ボリューム

よーく見ると、あちこちに白髪が混じっていますが、写真ではそんなに目立ちません。
また会社員だった30代後半、ストレスで髪の毛が薄くなったことがありましたが、独立して理不尽なストレスが減ったおかげか、髪の毛のボリュームは大きく減ることなく推移しています。

今後も見た目年齢-6歳を維持できるよう、妻と切磋琢磨を続けます。

とはいえ、どんなにがんばっても、ここまで若返るのは無理です。
大谷更生7歳