7/18(土)は5か月ぶりに飛行機に乗りました。
行先は宮崎、目的はDAF(ドランク・アカデミー・フェス)宮崎公演への出場でした。


DAFとは、ライブハウスなど音響設備が整った会場で、各分野の専門家が今いちばん伝えたいメッセージを制限時間10分で伝えるイベント。
タイトルのとおり、観客もスピーカーもお酒が入った状態で進行していきます。

大谷更生のDAF出場は16回目。
今回は「恐妻家の掟で見つけた在宅ワーク対策」をテーマに選びました。
このとおりに話してはいませんが、事前に用意した台本を公開します。

こんにちは。
恐い妻と書く「恐妻枠」の大谷更生と申します。
なぜ恐妻枠かというと、「恐い妻」と書く、全国恐妻組合連合会という組織で事務局長をしているからです。
会長は6歳年上の妻 聖子56歳。私は50歳、結婚15年目です。
全国恐妻組合連合会は私が勝手に名乗っているだけでなく、フェイスブックページがあり、453人が「いいね!」してくださっています。

今回は「恐妻家の掟で見つけた在宅ワーク対策」という話をします。
4月に緊急事態宣言が出たことで、1か月以上、長いところでは2か月くらい、会社への通勤を含めた外出を制限しなければならなくなりました。
そんな中で、今回はじめて自宅で仕事をするテレワーク、在宅ワークを経験された方も多いと思います。
自宅で仕事をする、最初は慣れなくてストレスに感じた方が多かったようですが、しばらくすると反応が2つに分かれました。
ストレスが増えた方と、ストレスが減った方。
原因は何だと思いますか?

大谷更生総合研究所の調査によると、一番のストレスの原因は一緒に暮らす家族の存在でした。
外で人と会う機会がほとんどなくなった中、一緒にいる家族の存在を心強く思う一方で、今まで見えていなかったイヤな面に遭遇する機会が増えてしまったのです。

在宅ワークの最大のストレス、一緒に暮らす家族との関係性が悪化した原因は、大きく3つに分けられます。
私はこれを3つの「すぎ」と名付けました。
①長「すぎ」…一緒にいる時間が長い
②近「すぎ」…距離が近い
③なさ「すぎ」…やることがない

外出自粛が始まった直後は「これで読みたかった本が読める」「見たかった映画が見れる」と急に与えられた自由時間を満喫していましたが、1週間2週間と経つにつれて、「今日は何をしたらいいんだろう」と、やることがないことに悩む方が増えたように感じました。

一緒にいる家族との関係性を悪化させた3つの「すぎ」。長すぎ、近すぎ、なさすぎ、をどう解消したらいいか。
これから解決のアイデアをご紹介します。

①長「すぎ」対策

⇒ひとりの時間を作る
自分の部屋に移動するなど、一人になれる時間を作りましょう。
もし物理的に難しい場合は、外の音が聞こえにくい環境を作ります。
ノイズキャンセリングという機能、ご存じでしょうか。
2万円以上するヘッドホンやイヤホンに数年前から導入された、音楽や音声がクリアに聞こえるように、周りの音を聞こえにくくする機能です。
Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」、3万円以上しますが、ノイズキャンセリングの性能がいいことが、選ばれる理由の一つになっているようです。

では、一人の時間を作れないとき、どうするか。
答えは「相手の言葉への受け取り方を変える」
恐妻家の掟にヒントがありました。
恐妻1:妻の選択は常に正しい
恐妻6:妻の批判はアドバイス

②近すぎ対策

⇒距離を取る
では、距離を取れないとき、どうするか。
答えは「相手の状態を知る」
恐妻家の掟にヒントがありました。
恐妻13:地雷のありかを知っておく
恐妻27:月のリズムに逆らわない
これを知っておけば、事故を避けることができます。

③なさすぎ対策

⇒「きょうよう」を作る
きょうようとは、勉強するとか、知識をつけることではありません。
きょうようとは、今日やることです。
では、今日やることが見つからないとき、どうするか。
恐妻家の掟にヒントがありました。
恐妻3:妻が起きる前に洗い物をしてゴミを捨てる
恐妻7:風呂掃除は夫の出番
家事を積極的にやれば、奥さまをはじめ、家族も喜んでくれるでしょう。


感染拡大が心配される中、在宅ワークの機会は増えることはあっても、減ることはありません。
今回お話しした3つの「すぎ」。
長すぎ、近すぎ、なさすぎ、を解消するヒントが何か一つでも見つかったら嬉しいです。
恐い妻と書く恐妻枠の、全国恐妻組合連合会 事務局長 大谷更生でした。ありがとうございます。



「恐妻家の掟」詳細はここをクリック

大谷更生の発想の源泉をお届けするために、毎日12:00に配信しているメールマガジン『日刊「大谷更生」』の読者登録は↓

『日刊「大谷更生」』読者登録