問題整理の専門家 大谷更生
ブログ

記録よりも記憶

11/24(土)は何年振りかで妻と映画館に行きました。 鑑賞したのは、いま話題の「ボヘミアン・ラプソディ」 この日は奇しくもフレディー・マーキュリーの命日でした。 21:20開始の回は、ほぼ満員。 妻とふたりで赤ワイン1 …

本当のリーダーとは

久しぶりに読んだ神田昌典さんの著書、「リーダーとは?」という問いと向き合う一冊でした。 『神話のマネジメント』 ドキッとした箇所 ◆桃太郎に見る組織の人間模様 ①桃太郎…起業家(軍人) ②犬…実務家(魔術師) ③サル…管 …

大谷更生の投資に対する考え方

11/21(水)~11/23(金祝)の熊本・博多遠征では、4名の方とお会いしました。 ◆以前サポートしていた整体師さん(熊本市在住:女性) ◆独立一年目の2010年に3ヶ月の講座で一緒に学んだ経営コンサルタント(熊本市在 …

距離と回数は比例しない

近くにいるから、すぐに会えるだろう。 それは勘違いだということに先ほど気づきました。 新潟で独り暮らしをしている父(78歳、東京→新潟間259km)とは、この一年間で6回会っています。 福岡市在住の大学の同級生(東京→福 …

脱日常のススメ

11/21(水)から11/23(金祝)まで熊本・博多に滞在します。 仕事の予定は全くありません。 それなのに年末の慌しさを控えたこの時期に、なぜ熊本・博多に出没するのか。 きっかけは、JALマイレージの期限切れでした。 …

企画の三角形

「編集」というキーワードに最近アンテナが立っていたので手に取りました。 『編集とはどのような仕事なのか』(鷲尾賢也さん) 読み終えて最も印象に残ったのが、タイトルに挙げた「企画の三角形」。 書籍だけでなく、全てのヒット商 …

4コマ愛

来月に福井で講師を務める予定のロジカルシンキングセミナーのテキストがほぼ仕上がったので、気分転換に往復1.5時間ウォーキングしてきました。 目的地は近所のイオンショッピングセンターに入っている無印良品。 週末に池袋で立ち …

買い物の流儀

11/18(日)は妻もスケジュールが空いていたので、二人で三井アウトレットパーク入間へ行ってきました。 私の目的は冬物のコート、妻はふだん使いの靴。 私は「2つ買うと、さらに10%割引」に心が動き、予定していなかったリュ …

新しい依頼を受けるときに心がけていること

①「ホームページの作り方を授業で教えてほしい」 ②「キャッシュレス対応をテーマに話してほしい」 ③「エンジニア向けに60分くらい話してほしい」 今秋にいただいた、今まで経験のない分野・テーマの講師依頼です。 ③「エンジニ …

相手の期待を超えるために必要なこと

来月12/10(日)の更生ゼミのテーマは「相手の期待を超える提案力」。 参考になりそうな本を探していたところ、ピッタリなタイトルだったので手に取りました。 『期待以上に応える技術』(網野麻理さん) 相手の期待を超えるため …

仕事が楽しくなる未来

11/17(土)のエンジニア向け講演資料の最終仕上げ中ですが、タイトルに私の名前が入っていたので、手に取りました。 『AI経営で会社は甦る』(冨山和彦さん) 読み終えて感じたのが「仕事が楽しくなる未来、くるかも」でした。 …

言いにくい意見を集めるコツ

11/14(水)はeラーニングアワード2018フォーラムに行ってきました。 お世話になっているeラーニングサービス提供会社がブース出展しているのと、以前イベントでご一緒した井出留美さんが講師を務めるセミナーがあったからで …

カッコつけなくても伝わるコツ

一番印象に残ったのが、このフレーズでした。 プレゼンテーションとは結局、「他人の抱く先入観から自由になり、新たに想いを共有できる人々とあなたのキャラクターとを結びつけるための技術」なのですから。 『自分「プレゼン」術』( …

当たり前がありがたい

なぜか気になって、思わず持ち帰ってしまいました。 『世界がもし100人の村だったら』(再話:池田香代子さん) サラッと読めるけど、グッときました。 印象に残ったフレーズ いろいろな人がいる この村では あなたと違う人を …

アウトプットにつなげる読書術

11/11(日)更生ゼミ第9回のテーマは「アウトプットにつなげる読書術」 最初に大谷更生より11/7(水)に講師を務めた「キャッシュレス社会到来に乗り遅れないために知っておきたい3つのポイント」(函館商工会議所)を題材に …

年賀状準備完了

いつも年末ギリギリに準備している年賀状。 ・印字がズレた(表面も裏面も) ・プリンターのインクがなくなった ・ハガキが足りなくなった 12月最終週の週末は、いつもこの対応でプリンターの横に張り付いてバタバタ。 とうとう去 …

真逆のススメ

発売直後に入手していながら一気に読める時間が取れるまで保留にしていた、深沢真太郎さん初の自己啓発小説『論理ガール』 函館の帰りの飛行機の中で一気に読み終えて出てきた言葉が「真逆のススメ」でした。 論理ガールの登場人物は2 …

« 1 2 3 44 »
PAGETOP
Copyright © 大谷更生総合研究所合同会社 All Rights Reserved.