問題整理の専門家 大谷更生
ブログ

大谷更生の2019年2月行動予定

今月の大谷更生はこんな感じで動いています。 公の場ではすみっこにいると思うので、気軽にお声がけくださいませ。 1.今月のチャレンジ ★コラボ合宿イベント開催 2.講師・イベント出演予定 ◆2/1(金) 専門学校授業(資格 …

なぜお笑い芸人はトップセールスマンになれるのか

1/31(木)は、お笑い芸人の4ステップ営業術セミナーに参加してきました。 講師はスパローズ大和さん。 浅井企画に所属しており、20年以上のキャリアを持つ現役の芸人さんです。 実は大和さんのことを存じ上げていなかったので …

話の腰を上手に折る技術

タイトルに惹かれて思わず手に取りました。 『「話の腰」を上手に折る技術』(藤田完二さん) 話の腰を上手に折る技術 ◆話を深めないあいづち 「話を深めないあいづち」は、相手の言ったことを否定するところから始まります。 (中 …

OJTトレーナーに必要な2つのポイント

1/30(水)は来週2/4(月)に講師を務める公開研修の資料を作成していました。 テーマはOJT、今春はじめてOJTトレーナーになる方に必要な知識と行動を習得していただくのが目的です。 はじめてOJT指導者のための準備講 …

地獄のススメ

◆「人生丸儲け」の感覚になるコツ 地獄に堕ちろと言われたら、「そんなの、いやだ」という人のほうが多いだろう。 でも、地獄をただ嫌なものとして斥けても、人生には煩悩がついて回る。 だとしたら、驚きの体験をしてみるだけを勇気 …

強い言葉が相手を動かす

第5章で紹介されていた「やってはいけないNGコピー」にドキッとしました。 ×多くの人がまた買いたいと言ってくれます。 ×新開発の独自技術で実現した自信作です。 ×最先端の加工法で理想的な機能を搭載 ×地球環境の未来を考え …

困ったことと問題は違う

大谷更生が問題解決研修を行うとき、受講者の方に最初に訊く質問があります。 これからお伝えする状況を想像してみてください。 あなたは部品メーカーの営業部長です。 平均して月2回、仕事を依頼してくださるお客さまがいらっしゃい …

「結局、何が言いたいの?」と言われないために必要なこと

◆いま何の話をしているんだっけ? ◆何を言いたいのか、さっぱりわからない。 ◆結局、何が言いたいの? 一生懸命に話しているのに、こんなふうに相手から言われることってありませんか。 そんな方にオススメなのがPREP法です。 …

未来は優しく残酷である

ページを開いてすぐ目に飛び込んできた、この言葉にドキッとしました。 もう私 いらない人 なんだ どこにも 使って もらえないんだ 〆切り守っても 徹夜しても いっぱい いっぱい描いても 全部ムダ だったんだなあ お金がな …

仕事の効率を上げるコツ

仕事を効率的に進めるには、心身ともに一番いい状態で取り組める朝型がいい。 いやいや、メールや電話など外部からの連絡が減る夜型のほうが集中できる、など、さまざまタイプがいらっしゃると思いますが、大谷更生は時間帯の問題ではな …

GBを目指そう

GBとはGoosebump、鳥肌が立つほど素晴らしいの略語です。 この言葉、『世界一やさしい右脳型問題解決の授業』(渡辺健介さん)で初めて知りました。 ◆右脳型問題解決とは? 【STEP1】ペインポイントをつかみ、問いを …

初心に返ると見えてくる

何か発見があるのではと思って手に取った『社会人1年生大全』(北條久美子さん) 知っているようで、わかっていなかったことが多いなと、本書を読み終えて感じました。 ◆好感を持たれる所作のコツ ・言葉と動作を分ける ・指をそろ …

一目でわかる何かを残せ

1/20(日)は丸の内にある三菱一号館美術館へ妻と行ってきました。 テーマは「フィリップス・コレクション展」 ここを訪れた理由は、妻が短大時代の友人からもらったチケットの期限が、この日までだったからです。 日曜日ながら午 …

地雷を察知せよ

いつもと同じようにふるまっていたはずなのに、思わぬところで相手の怒りが爆発して大きなダメージを受けてしまった。 そんな経験をしたことはないでしょうか? 思いがけない相手の怒りは地雷のようなもの。 前もってわかっていれば注 …

感性を研ぎすます場に身を置く

1/19(土)は『DAF』(ドランクアカデミーフェス)に出演したい方のためのオーディション『DAF NXT13』へ。 今回は、職場コミュニケーションの専門家 アンディ中村さんと2名体制でアドバイザーを務めました。 乾杯に …

大谷更生の勝ちパターン

あなたは自分の勝ちパターンを知ってますか? 自分の勝ちパターンを知っていると、こんなメリットがあります。 ◆無駄な努力をすることなく、結果を出すことができる ◆新しいことにチャレンジするときの成功確率を上げることができる …

どう現実を見るか

7年前に購入した『2022―これから10年、活躍できる人の条件』(神田昌典さん) 改めて本書と向き合ったことで、これからのことを、いろいろと考えさせられました。 ◆歴史は70年周期で巡っている 重要なことは-歴史とはラン …

« 1 2 3 48 »
PAGETOP
Copyright © 大谷更生総合研究所合同会社 All Rights Reserved.