問題整理の専門家 大谷更生
ブログ

わかりやすく伝わる『2』の使い方

5/24(水)にマーケティングの専門家 理央周(りおう めぐる)さんが講師を務める『「売れる仕組み」の創り方』セミナーに参加してきました。 セミナーのテーマ『売れる仕組み』に反応して参加しましたが、途中から 「なぜ理央さ …

前のめりに話を聴いてもらうコツ

最初にひとつ質問します。 あなたは、どんな方だったら前のめりになって話を聴こうと思いますか? おそらく、有名人や著名人、尊敬している人、お世話になっている人、仲のよい人が話すのであれば、前のめりで聴いてもいいかなと思うの …

やるべきことを今日やるコツ

今日は一日外出がない日。 あれもやらなきゃ、これもやらなきゃと思っていたのに、朝からバタバタしていて結局何も手がつけられなかった。 そんなことってないでしょうか。 そんな方にオススメなのが、仕事の整理に『ふせん』を活用す …

安心感を与える紹介のコツ

交流会やセミナーに行くと「紹介してください」と言われることがよくありますが、私も紹介したことへの責任が発生するので、気軽に「いいですよ」とは言えません。 私が紹介を行うのは、紹介者と被紹介者、双方にメリットがあるときだけ …

しゃべらない講師の作り方

「社内の研修会で講師をやってほしいと言われたのですが、話すのが苦手で、人前に立つと心臓がバクバクします。どうしたらいいでしょうか」 そんな相談をいただいたとき、私の答えは決まっています。 『しゃべらない講師になってみては …

相手に気持ちよく話してもらう3つのポイント

5/20(土)お昼に巻高校同窓会東京支部主催の新卒業生歓迎会でゲストスピーチを聴く姿を見ていて、相手に気持ちよく話してもらうために3つのポイントがあると感じました。 ①態度 話している人に視線を向ける 聞き手の真剣なまな …

時間はいつでも増やせる

時間管理のうまい人というのは、時間を「量」で考えます。 一方で時間に振り回される人は、1点から1点までの数値でしか考えません。 時間を使う人、時間に使われる人 著者の夏川賀央さんから一足早く頂戴したご著書を読んで最も印象 …

非日常のススメ

非日常と聞いて、こんなことを思い浮かべた方はいらっしゃいますでしょうか? 「オーロラを見に行くことかな」 「バンジージャンプをやることかな」 「フルマラソンにチャレンジすることかな」 非日常を体験するために、たくさんのお …

わかる+おもしろそう=伝わる

5/16(火)に受講した『“作家のエージェント”が教える【採用される書籍企画書作成講座】』で一番印象に残ったのが、この言葉でした。 事例として紹介されたのが『話さず決める!プレゼン』 大きく頷きました。 出版社に採用され …

出版企画書に対する2つのこだわり

2007年に1冊目『情報整理術』 2012年に2冊目『3年後のあなたが後悔しないために今すぐやるべきこと』 出版は5年周期なんじゃないかと思い始めた今日このごろ、今年がその5年目ということで、出版にアンテナが立っています …

幸せについて考えた

「タイトルを見て『更生さんにピッタリ』と思って買っちゃいました」 7月に新しく立ち上げる勉強会の打合せのときに、独立直後から何かと気にかけてくださるイベントプロデューサーさんが持ってきてくだった一冊に、目が釘付けになりま …

地雷のありかを知っておく

恐妻家の掟13 レストランで食事中、赤ワインを飲みながらゴキゲンで話していたのに、急に怒り出し、鞄を持って帰ってしまった。 一人取り残されて、わけがわからずモヤモヤ。 そんな経験ありませんか。 なぜ相手が急に怒り出したの …

大谷更生の土台

大谷更生が大谷更生であるために、影響を与えたものって何だろう? 新潟に向かう高速バスの中で、過去を振り返っていたら、いろんなものが出てきました。 ★三国志(中学) 現在の仕事に近い役割を担う、軍師に対する憧れを持つように …

3つに絞れ

★人を動かす3ステップ ①知る ②伝える ③動かす ★人を動かす3ステップに必要な力 ①傾聴力 ②説明力 ③説得力 ★3つの心の持ち方 ①自ら進んで働きかける積極的な心 ②相手の気持ちに目を向ける共感的な心 ③変化する相 …

初対面の相手から親近感を引き出すコツ

初対面の相手との会話って緊張しませんか? 何を話したらよいか、迷っている間ずっと漂い続ける気まずい沈黙。 そんな瞬間に最も多く遭遇するのが、名刺交換です。 どうしたら初対面の相手から親近感を引き出して、気まずい沈黙を一刻 …

目標達成を妨げる8つのハードル

①目標がない ②動かない ③やめてしまう ④戻ってしまう ⑤違う道に行ってしまう ⑥甘い誘惑 ⑦伴走者がいない ⑧行き方がわからない これは私が編み出したものではありません。 5/9(火)に参加した、杉本正寛さんが講師を …

何をやってもありがとう

「料理を作ってくれて、ありがとう」 「布団カバーを洗濯してくれて、ありがとう」 「朝5:15に目覚ましを鳴らしてくれて、ありがとう」 「掃除機をかけてくれて、ありがとう」 「卵がなくなる前に買ってきてくれて、ありがとう」 …

1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © 大谷更生総合研究所合同会社 All Rights Reserved.