問題整理の専門家 大谷更生

ブログ

一目でわかる個性があるか

「あっ、岡本太郎だ」 3/15(月)妻と一緒に行った彫刻の森美術館(箱根)に入ってすぐ、思わず口にしてしまいました。 一目で岡本太郎さんだとわかる作品。 と同時に思いました。 「大谷更生は、そんなアウトプットを残している …

どうしたら「書けない」を克服できるか

先月頼まれた2000文字のコラムの〆切が来週に迫っているのに、1文字も書けていない 「提案します」と言ってしまった新しいテーマのセミナー、企画書を作ろうとしているのに全く筆が進まない 今日中に送らなければいけないメールが …

妻との旅行を円満に過ごすコツ

夫婦で旅行に行くと、なぜか喧嘩ばかり。 楽しい気分で過ごしたいのに、険悪な雰囲気で自宅に戻る。 そんな悩み、ありませんか。 本日3/14(日)~3/15(月)で妻と一泊二日で出かけてきます。 行き先は箱根、何度も一緒に訪 …

どうしたら売れる商品に変えられるか

タイトルに惹かれて手に取りました。 「小さな企業が生き残る」 (金谷勉さん) 著者の金谷さんは大阪出身でデザイン会社を経営する傍らで、全国各地の町工場や職人との協業プロジェクト「みんなの地域産業協業活動」を始め、500を …

アマゾンの圧倒的な強さの理由

先日読んだアマゾンに関する本が印象に残ったので、理解を深めるために手に取りました。 なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか (林部健二さん)   著者の林部さんはアマゾンジャパンの立ち上げに参画してサプライチェーン部門 …

プロのZoomの使い方

IT系の研修会社を経営している友人がSNSで紹介していたので手に取ってみました。 プロとして使うZoom [決定版] 会社では教えてくれない新時代の仕事術 (平田幸一さん)   著者の平田さんは奈良在住。 講師やコンサル …

新しいサービスを作る切り口

新しいサービスや仕組みを考えるのは、大谷更生の好物のひとつです。   3/8(月)高知合宿2日目。 お昼前に集合して昼食を共にしたら自由行動ということで、福井在住で製造業系に強いITエンジニアさんと、千葉在住で映像制作会 …

起業の成功に必要なこと

3/6(土)は午後からオンラインイベントに参加しました。 「相模原SOHOイベント2021」   今回の講師は深沢真太郎さん。 ビジネス数学の第一人者で、著書累計20万部を超えるベストセラー作家。 大谷更生もイベントで何 …

ひねり出す力

タイトルと黄色い表紙に惹かれて手に取りました。 「ひねり出す力」 (内村宏幸さん)   著者の内村さんは30年以上、第一線で活躍する放送作家。 「オレたちひょうきん族」「夢で逢えたら」「ウッチャンナンチャンのやるならやら …

ウィズコロナのヒントになる一冊

タイムリーなタイトルに惹かれて手に取りました。 「巣ごもり消費マーケティング」 (竹内謙礼さん)   著者の竹内さんは販促戦略やネットビジネスに精通した経営コンサルタントで数十冊の著書をお持ちな方です。 本書は1回目の緊 …

小規模事業者持続化補助金その後

2020/5/15〆切の第1回で採択を受けて、2020/7/22(火)に交付決定通知書 が届いた小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の実績報告書提出期限が2021/2/10(水)だったので、ぎりぎり1月末にオンラ …

「できますか?」と訊かれたら、どう答えますか

仕事をしていると、知識や経験が豊富な分野だけでなく、やったことがない、ほとんど前提知識がない分野を頼まれることってありますよね。 そんなときに「できますか?」と言われたら、あなたはどうしますか。 大谷更生の答えは決まって …

心理学の神話

参考文献を含めると400ページを超えるボリュームに一瞬ためらいながら、タイトルに惹かれて手に取りました。  「本当は間違っている心理学の話」 著者 スコット・O・リリエンフェルド スティーヴン・ジェイ・リン ジョン・ラッ …

大谷更生の2021年3月度行動予定

1.今月のチャレンジ ★新サービス提案 ★高知出張 2.自己投資事業部活動予定 ◆3/1(月) 加圧トレーニング ◆3/2(火) ビジネス朝食会(四ツ谷) 作戦会議 顔合せ(Zoom) ◆3/3(水) 近況交換(Zoom …

これからの日本に必要なこと

先日聴いた講演が印象的だったのと、赤い表紙に引かれて手に取りました。 「日本再興戦略」(落合陽一さん) 落合陽一さん、見た目と違って骨太な内容でした。   大きく頷いた箇所 78ページ いつの時代も、社会の中での重要性を …

どうしたら紹介しやすくなるか

大谷更生の現在の仕事は大きく分けると3つです。 ①講師 ②売れ続ける仕組み構築コンサルティング ③執筆   実は仕事の大半は紹介です。 お世話になっている研修会社さん、講師仲間、古くからの友人など。 つい最近も何件かご紹 …

どうなる日本の未来

以前に読んだ「未来の年表」「未来の年表2」の著者の書籍ということで手に取ってみました。 「2020」後 新しい日本の話をしよう(河合雅司さん)   本書は29歳の独身男子ミライ君の素朴な疑問に著者の河合さんが答える形式で …

« 1 2 3 4 88 »
PAGETOP
Copyright © 大谷更生総合研究所合同会社 All Rights Reserved.