問題整理の専門家 大谷更生

ブログ

問題の原因はひとつしかない

大谷更生と名刺交換をした方から、ときどき受ける質問があります。 「肩書に問題整理の専門家とありますが、どんな問題がご専門なのですか?」 そう訊かれたら、いつもこう答えます。 「専門は人間関係です。なぜなら、問題の原因は人 …

お金とは

珍しく妻が「本を買ってきた」と言っていたので、留守中にこっそり読んでみました。 『知らないと損する 池上彰のお金の学校』(池上彰さん) 本書の内容は「お金の歴史」「銀行」「投資」「保険」「税金」「ニュースの中のお金」「身 …

ふくろう座談会はじめます

大谷更生が朝活をはじめたのは2007年。 朝活暦は会社員時代を含めて今年で13年目になります。 最近は定期的に大谷更生を体験できる場を作ろうと思い、このような会を主催していました。 ★2015年:東京貴族会(毎月第三日曜 …

地方出張を満喫する3つのポイント

1/12(土)は福井でロジカルシンキング研修の講師を務めました。 福井県にお邪魔するのは今回が4回目。 今までは研修が終わったら寄り道せず東京へ戻っていましたが、今回は新幹線&特急指定席往復チケットとほぼ同じ金額で出張パ …

リニューアルの約束

4年前の2015年4月にリリースしたメール講座『口下手フリーランスのための売り込まなくても売れる営業スタイルを作る7ステップ』、リニューアルしなきゃと思っていながらずっと放置していましたが、期限を区切って2019/3/3 …

食とITの意外な関係

この本を読んで、久しぶりに神保町でランチしたくなりました。 『ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由』(小林せかいさん) 著者の小林せかいさんは、神保町でカウンター12席の定食屋「未来食堂」の店主です。 引き込まれた …

キャッチコピーに込めた想い

年明けにお会いする方にスッとお渡しできるように、年末に名刺をプチリニューアルをしました。 表 裏 主な変更点は3つです。 ①キャッチコピー 「施術家のスクールプログラム作りはお任せください」から「売れ続ける仕組み作りを支 …

カウントダウン自己紹介

この本を読むのは何度目だろう… 『数字アタマのつくりかた』(深沢真太郎さん) 以前ご一緒したDAF(ドランク・アカデミー・フェス)で、著者の深沢さんが本書に紹介されていた「カウントダウン自己紹介」の応用バージョン「10か …

背中を見せる

年末の課題図書『リーダーのためのパーソンセンタードケア』(寺田真理子さん)を読み終えて強く感じたのは、リーダーのあり方でした。 ◆ひとりの人間としてのニーズに対応する パーソンセンタードであるということは、何を「する」か …

独立したらオフはない

今回のブログ、独立したら24時間365日ずっと休みなく働かなければならないブラック企業のススメではありません。 会社勤めなど組織に属している組織人と、フリーランスや自営業など自分で事業を営む事業主とでは、外で活動している …

どうしたら「面白い」を作れるか

年末年始に読んだ『その企画、もっと面白くできますよ。』(中尾孝年さん) ・大阪府警察官募集ポスター ・名古屋競馬ポスター ・AKB48江口愛実 ・マークX ・日本全国ポッキー化計画 ・造船番長 ・ミエライス ・M1グラン …

体系化のコツ

1/5(土)は2019年はじめての作戦会議を開催しました。 お越しになったのは、リーダー育成に中国古典を活用する専門家。 お話を伺いながら作戦を考えているときに、大谷更生が体系化で使っているパターンが3つあることに気づき …

2019年やりたいことリスト100

10年来の友人の榎本あつしさんに倣って、大谷更生も『2019年やりたいことリスト100』を挙げてみました。 1.仕事で47都道府県を訪問する(残り10府県) 2.仕事で岩手へ行く 3.仕事で山梨へ行く 4.仕事で京都へ行 …

スイスに学べ

1/1(火)の午後、新潟から東京に戻る高速バスの中で読んだ『しなやかな日本列島のつくりかた』で最も印象に残ったのは、スイスのツェルマットで25年以上、カリスマ的な観光事業者として活躍する、地域経営プランナー 山田桂一郎さ …

大谷更生の2019年1月行動予定

今月の大谷更生はこんな感じで動いています。 公の場ではすみっこにいると思うので、気軽にお声がけくださいませ。 1.今月のチャレンジ ★初)福井泊りがけ出張 2.講師・イベント出演予定 ◆1/8(火) 専門学校授業(ホーム …

2019年を一文字で表現すると

大谷更生の2019年を漢字一文字で表現するとしたら「中」です。 ・選択と集「中」の年 ・自分を「中」心に据えて過ごす年 ・ど真ん「中」を進む年 ・センター(「中」央)のポジションを狙う年 ・「中」央突破を試みる年 そんな …

「うまい」では選ばれない

飲食店を評価する言葉の中で、大谷更生が最も信用していない言葉があります。 それは「うまい」 なぜ大谷更生が「うまい」を信用していないかというと、「うまい」は万人に通用する言葉ではないからです。 「うまい」と感じるポイント …

« 1 2 3 4 52 »
PAGETOP
Copyright © 大谷更生総合研究所合同会社 All Rights Reserved.